<ひさしぶり>長柄・毛馬

ここがむかし都だった!?難波長柄豊崎宮のヒミツ

~父は長柄の人柱。鳴かずば雉子も射られざらまし~ 

demo demo
長柄界隈は孝徳天皇の難波長柄豊碕宮の旧址という伝説があり、古代から栄えて国分寺も置かれました。陸運の亀岡街道、水運の淀川とも面し、江戸時代は数多くの旅人が行き交いました。太平10年(中国年号。1030年)在銘の朝鮮銅鐘を有している鶴満寺や、謎の由緒を持つ鶯塚、義人・松野登十郎の墓から、人柱伝説で有名な長柄橋まで、知られざる長柄物語をどうぞ。
水底に消えた蕪村のふるさと「毛馬」洗堰、閘門を歩きます。
demo demo
demo demo

当コースのまち歩きマップ

マップを見る

ダウンロードする

ガイドさんから一言

ガイドさんから一言
淺井 敏次さん

コースの行程

地下鉄・天神橋筋六丁目駅~国分寺~南長柄八幡宮~淀川天神社~鶴満寺~鶯塚~毛馬第一関門~洗堰~長柄橋~慰霊観音像~天神橋筋商店街~地下鉄・天神橋筋六丁目駅

実施概要

実施日時
5月12日()13:00
参加予約
参加費用 1500円(小学生以上)※当日お釣のないようにお持ちください。
定員 15名   ガイド:浅井敏次
集合場所
地下鉄谷町線・堺筋線天神橋筋六丁目駅東改札口前
所要時間
2~3時間

参加予約お申し込み

ご予約は上記実施概要の「参加予約」ボタンをクリックしてください。

大阪あそ歩からのお願い

  • 各コース定員で締め切りますので、早めにご予約ください。
  • キャンセルの場合はお手数ですがご連絡下さい。
    キャンセルについて
  • スケジュールは天候や都合により変更・中止する場合があります。
  • 歩きやすい服装と靴でご参加下さい。
  • 車などに十分注意し、各自で責任をもって行動してください。