〈維新150年〉幕末:天満橋

龍馬が、新選組が駆け抜けた八軒家

~堺屋から出てきた謎の男、その名は…~

demo demo
明治帝大坂行幸150周年③
大坂に入ってこられた明治帝、紀州藩蔵屋敷でご昼食。

「天下の台所」といえば大坂。幕末の志士たちは勤王派も佐幕派も開国派も問わず、京都・伏見から三十石舟に乗って天満・八軒家に上陸。「戦をするには軍資金が要る」と、船場の名だたる豪商たちに会って、己の高邁な思想を語り、パトロンを捜しました。龍馬と新撰組が闊歩した八軒家と天下の台所を支えた金融街を巡ります。
古地図を見ながらたどります。
demo demo
demo demo

当コースのまち歩きマップ

マップを見る

ダウンロードする

ガイドさんから一言

ガイドさんから一言
結城 詩さん

コースの行程

京阪・天満橋駅~堺屋跡~京屋跡~~紀州藩蔵屋敷跡(前島密像)~天神橋~竹式楼跡~瓢箪屋跡~花外楼~岩城枡屋跡~平野屋五兵衛邸跡~専崎楼跡~難波橋~五代友厚像~地下鉄、京阪・北浜駅
*順序は変更されることがあります。

実施概要

実施日時
5月4日(金・祝)13:00
参加予約
参加費用 1500円(小学生以上)※当日お釣のないようにお持ちください。
定員 15名   ガイド:結城 詩
集合場所
京阪天満橋駅西改札口前
所要時間
2~3時間

参加予約お申し込み

ご予約は上記実施概要の「参加予約」ボタンをクリックしてください。

大阪あそ歩からのお願い

  • 各コース定員で締め切りますので、早めにご予約ください。
  • キャンセルの場合はお手数ですがご連絡下さい。
    キャンセルについて
  • スケジュールは天候や都合により変更・中止する場合があります。
  • 歩きやすい服装と靴でご参加下さい。
  • 車などに十分注意し、各自で責任をもって行動してください。