京都市 伏見区

伏見城、向島城、 戦国大名屋敷を歩く ※指月伏見城、 木幡山伏見城、 向島城

~豊臣秀吉が愛した伏見に築いた城跡と、城下町に築かれた戦国大名屋敷跡をめぐる~

demo demo
豊臣秀吉が愛した伏見に城を築き、城下町を築き、全国の大名を城下町に屋敷を建立させた。指月伏見城を築城。近年、指月伏見城跡の遺構が見つかり、その石垣の遺構を訪れる。震災で倒壊のため木幡山伏見城を築城。木幡山伏見城は秀吉を愛した明治天皇が永眠している。また宇治川を渡った巨椋池の近くに堤防(太閤堤)と向島城を築城。向島城主に徳川家康を起用。向島城跡を巡る。跡地には、地名として向島本丸町や向島二ノ丸町が残っている。また堀跡だとわかる段差の地形が残っている。
demo demo
demo demo

当コースのあそ歩百景

写真をみる

コースの行程

伏見銀座跡→黒田節誕生の地説明版→小早川秀秋屋敷跡(御香宮神社)→伏見城大手門遺構(御香宮神社)→石井の御香水/徳川頼宣(紀州徳川家の租)、徳川義直(尾張徳川家の租)、徳川頼房(水戸徳川家の租)、千姫に使われた産湯(御香宮神社)→徳川頼宣寄進の常夜燈(御香宮神社)→鳥羽伏見戦跡/薩長軍本陣跡(御香宮神社)→伏見城の残石(御香宮神社)→鍋島勝茂、浅野幸長屋敷跡(桃山町鍋島)→豊臣秀次、前田利家、利長上屋敷跡(桃山町松平筑前、松平筑前公園、桃山筑前台町)→徳川家康上屋敷跡(桃山町三河)→池田利隆屋敷跡(桃山町松平武蔵)→石田三成屋敷跡(桃山町治部少輔)→伏見城石垣→木幡山伏見城本丸跡→明治天皇伏見桃山御陵→西笑承兌、浅野長政、五島玄雅、寺沢広高、蒲生秀行屋敷跡(桃山町泰長老)→陸軍省管轄地碑→指月伏見城跡→大友義統屋敷跡(豊後橋町)→明治天皇御駐輦所観月橋碑→旧豊後橋(観月橋)→太閤堤(小倉堤)→向島城本丸跡(向島本丸町)→向島城堀跡遺構→向島城二ノ丸跡(向島二ノ丸町)→京阪京都線向島駅周辺で解散
 【所要時間 およそ3~4時間】

実施概要

実施日時
4月29日()12:00
予約受付を終了しました
参加費用 1500円(小学生以上)※当日お釣のないようにお持ちください。
定員 15名    ガイド:長谷吉治
集合場所
京阪電鉄本線 伏見桃山駅 改札口前
所要時間
約2~3時間

参加予約お申し込み

ご予約は上記実施概要の「参加予約」ボタンをクリックしてください。

大阪あそ歩からのお願い

  • 各コース定員で締め切りますので、早めにご予約ください。
  • キャンセルの場合はお手数ですがご連絡下さい。
    キャンセルについて
  • スケジュールは天候や都合により変更・中止する場合があります。
  • 歩きやすい服装と靴でご参加下さい。
  • 車などに十分注意し、各自で責任をもって行動してください。