大川

浪花三大橋を巡る

~天満橋・天神橋・難波橋あたりをウロウロします~

demo demo
大阪を代表する橋といえばまずは「浪花三大橋」。大川から中之島にかけて並ぶ天満橋・天神橋・難波橋の三大橋は、江戸時代に幕府が直轄する公儀橋として重要視され、大阪人に最も親しまれてきました。幕末の大阪の名所絵図「浪花百景」にも「三大橋」というタイトルで3つの橋が並んで大川に架かる姿が描かれています。今回は浪花三大橋とその両岸をたっぷりと巡ります。両岸の桜は、たぶん見頃です。
demo demo
demo demo

当コースのあそ歩百景

写真をみる

コースの行程

天満橋駅~天満橋~天満橋公園(橋名飾板)~将棊島粗朶水制跡碑~淀川三十石船舟歌碑~天満の子守歌碑~天満青物市場碑~旧町名案内板~天神橋北詰~天神橋筋商店街~天神橋1交差点歩道橋(堺筋起点)~天満堀川跡~難波橋~中之島公園~ばらぞの橋~天神橋~大阪会議開催地碑~五代友厚像~難波橋~大平橋跡~橋名飾板~天神橋~八軒家浜~天満橋

実施概要

実施日時
3月27日()13:00
予約受付を終了しました
参加費用 1500円(小学生以上)※当日お釣のないようにお持ちください。
定員 15名    ガイド:酒井裕一
集合場所
大阪メトロ谷町線天満橋駅北改札前(1番出口方面)
所要時間
約2~3時間

参加予約お申し込み

ご予約は上記実施概要の「参加予約」ボタンをクリックしてください。

大阪あそ歩からのお願い

  • 各コース定員で締め切りますので、早めにご予約ください。
  • キャンセルの場合はお手数ですがご連絡下さい。
    キャンセルについて
  • スケジュールは天候や都合により変更・中止する場合があります。
  • 歩きやすい服装と靴でご参加下さい。
  • 車などに十分注意し、各自で責任をもって行動してください。