上町台地

熊野街道を空堀から天王寺まで歩く

~歴史あるエリアで高低差を楽しむ~

demo demo
大坂城の南、空堀から天王寺にかけてのエリアは、豊臣秀吉が最初に城下町を築こうとしたエリアです。秀吉が平野郷から町人を呼び寄せた町には東平(=東平野町)の地名が残っています。北浜から低地を南へ向かう紀州街道(=堺筋)に対して、熊野街道は上町台地上を南へ向かいます。台地上はべったりと平坦ではなく、高低差が楽しめます。大坂城の防衛上、城の南方の上町台地上に集約された寺院も多くみられます。
demo demo
demo demo

当コースのあそ歩百景

写真をみる

コースの行程

松屋町駅~高津原橋~直木三十五文学碑~榎大明神~熊野街道(暗峠奈良街道)~谷町筋~長堀通~楓ギャラリー~空堀商店街~桃谷小学校跡~ドーバー海峡坂~温泉坂~東平町~千日前通~生魂小学校~上汐公園~クレオ大阪中央~大江小学校~四天王寺~天王寺駅

実施概要

実施日時
5月15日()13:00
予約受付を終了しました
参加費用 1500円(小学生以上)※当日お釣のないようにお持ちください。
定員 15名    ガイド:酒井裕一
集合場所
大阪メトロ長堀鶴見緑地線松屋町駅改札口前
所要時間
約2~3時間

参加予約お申し込み

ご予約は上記実施概要の「参加予約」ボタンをクリックしてください。

大阪あそ歩からのお願い

  • 各コース定員で締め切りますので、早めにご予約ください。
  • キャンセルの場合はお手数ですがご連絡下さい。
    キャンセルについて
  • スケジュールは天候や都合により変更・中止する場合があります。
  • 歩きやすい服装と靴でご参加下さい。
  • 車などに十分注意し、各自で責任をもって行動してください。