茨木、高槻

古代ロマン溢れる二つの「継体大王墓」

~”宮内庁治定”と”考古学者認定”の「継体天皇陵」、本物はどっち‼~

demo demo
武烈天皇亡き後、神武天皇以来連綿と続いてきた皇統が途絶え、そこで白羽の矢が立ったのが「応神天皇の5世の孫」とされる第26代継体天皇(継体とは体系を継ぐという意味の諡号で、第126代今上天皇の始まりと考えられている)。二つの継体大王墓を訪れ、今城塚古墳では、大王墓の墳丘を自由に歩き、約200体の「壮大な埴輪列」を眺め、古代ロマンを体感します。又、両大王墓に埴輪を供給した日本最大級の埴輪工場(18基の登り窯と3工房)を見学します。
demo demo
demo demo

コースの行程

阪急茨木駅~バス停茨木市駅(近鉄バス)~バス停太田(近鉄バス)~太田茶臼山古墳(宮内庁治定)~陪塚①、②~二子山古墳~番山古墳~史跡新池ハニワ工場公園~闘鶏野神社~今城塚古墳(考古学者認定)~今城塚古代歴史館(時間のある方のみ任意)~バス停氷室(高槻市営バス)~バス停JR富田~JR摂津富田駅又は阪急富田駅

実施概要

実施日時
11月12日()12:50
参加予約
参加費用 1500円(小学生以上)※当日お釣のないようにお持ちください。(別途バス代440円要)
定員 15名    ガイド:田村哲夫
集合場所
阪急京都線茨木駅南改札口前
所要時間
約2~3時間

参加予約お申し込み

ご予約は上記実施概要の「参加予約」ボタンをクリックしてください。

大阪あそ歩からのお願い

  • 各コース定員で締め切りますので、早めにご予約ください。
  • キャンセルの場合はお手数ですがご連絡下さい。
    キャンセルについて
  • スケジュールは天候や都合により変更・中止する場合があります。
  • 歩きやすい服装と靴でご参加下さい。
  • 車などに十分注意し、各自で責任をもって行動してください。