文の里

学芸の町から大蛇伝説の桃が池へ

~大阪メトロ谷町線を歩く(文の里駅)~

demo demo
この付近には学校が多く集積しているので「文の里」という呼称が付けられ、昭和26年(1951)に町名となりました。学校の地図記号が「文」だからだそうです。                                                             さらに、聖徳太子が大蛇(おろち)退治をしたという桃が池伝説が生まれるほど歴史のある土地で、周辺では旧石器時代から江戸時代までの多くの遺跡が見つかっています。
demo demo
demo demo

コースの行程

文の里駅~工芸高校本館~文の里公園慰霊塔~榎神社・桑津墓地~明浄学院高校~桃が池公園・桃が池遺跡~桃が池伝説~股ヶ池明神~文の里商店街~文の里駅(解散)

実施概要

実施日時
4月28日()13:00
参加予約
参加費用 1500円(小学生以上)※当日お釣のないようにお持ちください。
定員 15名    ガイド:酒井裕一
集合場所
大阪メトロ谷町線文の里駅改札口前
所要時間
約2~3時間

参加予約お申し込み

ご予約は上記実施概要の「参加予約」ボタンをクリックしてください。

大阪あそ歩からのお願い

  • 各コース定員で締め切りますので、早めにご予約ください。
  • キャンセルの場合はお手数ですがご連絡下さい。
    キャンセルについて
  • スケジュールは天候や都合により変更・中止する場合があります。
  • 歩きやすい服装と靴でご参加下さい。
  • 車などに十分注意し、各自で責任をもって行動してください。