北船場

朝鮮通信使の足跡をたどる(その1)

~大坂での上陸地と宿泊所を訪ねる~

demo demo
大阪歴史博物館では、駐大阪韓国文化院と共同して、大阪における朝鮮通信使の足跡をたどるフィールドワーク映像を制作し、オンラインで広く公開しています。
http://osakakorea.com/onlinefieldwork2020/
朝鮮通信使は難波橋近くの北浜波止場で大坂に上陸し、宿泊所を目指しました。今回は、上陸地点付近と宿所となった北御堂、南御堂、対馬藩蔵屋敷(跡)を訪ねます。
demo demo
demo demo

当コースのあそ歩百景

写真をみる

コースの行程

本町駅~芭蕉翁終焉の地の碑~南御堂~坐摩(いかすり)神社~北御堂~北御堂ミュージアム(通信使関連資料の展示あり)~備後町通~難波橋筋~堺筋~道修町~難波橋~対馬藩蔵屋敷跡~鉾流し橋~中央公会堂~栴檀木橋~北浜波止場跡~北浜駅(解散)

実施概要

実施日時
2月11日()13:00
予約受付を終了しました
参加費用 1500円(小学生以上)※当日お釣のないようにお持ちください。
定員 10名    ガイド:酒井裕一
集合場所
大阪メトロ中央線本町駅13号出口(地上)
所要時間
約2~3時間

参加予約お申し込み

ご予約は上記実施概要の「参加予約」ボタンをクリックしてください。

大阪あそ歩からのお願い

  • 各コース定員で締め切りますので、早めにご予約ください。
  • キャンセルの場合はお手数ですがご連絡下さい。
    キャンセルについて
  • スケジュールは天候や都合により変更・中止する場合があります。
  • 歩きやすい服装と靴でご参加下さい。
  • 車などに十分注意し、各自で責任をもって行動してください。