桜宮・網島

悪所くるひの身の果ては,南無網島の大長寺

~古地図と錦絵で愉しむ「心中天の網島」の舞台~

demo demo
近松門左衛門の最高傑作『心中天の網島』のモデルとなった天満の紙屋治兵衛と曾根崎新地「紀伊国屋」の遊女・小春の道行のあとを、江戸時代の古地図や錦絵、明治・大正時代の古地図を見ながら辿ります。あわせて造幣局の桜を河川敷から眺めます。太閤園が6月末で営業を終了、恒例の造幣局通り抜けが事前申込制に、藤田美術館の建替工事が竣工し、来年4月にリニューアルオープン(予定)など、話題が豊富なエリアです。
demo demo
demo demo

当コースのまち歩きマップ

マップを見る

ダウンロードする

コースの行程

天満橋駅~八軒家浜~天満橋~ドーンセンター前~大阪城筋鉄門~京橋~備前島橋(御成橋)跡~川崎橋~旧大阪市公館~太閤園~藤田邸跡公園~水防碑~都島由来記~青湾の碑~桜宮~大長寺~新旧桜宮橋(銀橋)~泉布観・旧桜宮公会堂~御幸橋跡(16時頃解散予定:所要時間約3時間)

実施概要

実施日時
4月4日()13:00
参加予約
参加費用 1500円(小学生以上)※当日お釣のないようにお持ちください。
定員 10名    ガイド:酒井裕一
集合場所
京阪天満橋駅東改札口前
所要時間
2~3時間

参加予約お申し込み

ご予約は上記実施概要の「参加予約」ボタンをクリックしてください。

大阪あそ歩からのお願い

  • 各コース定員で締め切りますので、早めにご予約ください。
  • キャンセルの場合はお手数ですがご連絡下さい。
    キャンセルについて
  • スケジュールは天候や都合により変更・中止する場合があります。
  • 歩きやすい服装と靴でご参加下さい。
  • 車などに十分注意し、各自で責任をもって行動してください。